本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
資料請求
同窓会
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

新着情報

投稿カテゴリー プレスリリース

【プレスリリース】海洋環境で生分解性プラスチックを速やかに分解させるための技術開発に成功 ?海洋で微生物を集めてプラスチックを食べさせる?

[CATEGORY] プレスリリース [tag]
群馬大学大学院理工学府と海洋研究開発機構は、海洋での生分解性が低い化学合成脂肪族ポリエステルを、海洋で速やかに生分解させることができる新しい技術の開発に成功しました。 ほとんどの生分解性プラスチックは、土壌では生分解しま …

【プレスリリース】拡張現実内で複数?と?う運動が気分やオキシトシン分泌を?める-孤独を癒す運動様式としての発展に期待-

[CATEGORY] プレスリリース, メディア情報, 新着情報 [tag]
群??学共同教育学部の島孟留准教授、宇都宮?学共同教育学部の松浦佑希准教授らの研究グループは、拡張現実(AR)技術を?いて複数?とともに?う?転?運動が、健康な?学?の抑うつ気分を低減、唾液中オキシトシン濃度を増加させる …

【プレスリリース】【群馬大学学生フォーミュラチーム GUFT】 2024年度大会参戦発表会&マシンお披露目会

[CATEGORY] プレスリリース [tag]
私たち、群馬大学学生フォーミュラチーム GUFT(ガフト)は7月14日(日)に群馬大学桐生キャンパス同窓記念会館にて、2024年度大会に向けた活動報告と、マシンのお披露目会を実施いたします。私たちは、2024年9月9日~ …

【プレスリリース】高齢者のせぼねの骨折と介護リスク ビッグデータで関連性明らかに
?もともと要介護の人、介護度上昇リスクがおよそ10倍?

[CATEGORY] プレスリリース, 報道発表, 新着情報 [tag] ,
本学大学院医学系研究科整形外科学分野(筑田博隆教授)は、東京大学大学院医学系研究科公共健康医学専攻臨床疫学?経済学(康永秀生教授)、自治医科大学データサイエンスセンター(山名隼人講師)との共同研究により、病院で診察を受け …

(中央図書館)ギャラリー展示「追悼?星野富弘詩画展」を開催します(7/2~8/30)

2024年4月28日に逝去された、本学教育学部卒業生で詩画作家の星野富弘氏を偲び、中央図書館ギャラリーにて詩画展を開催します。 詩画作品は、2012年に群馬大学医学部附属病院に寄贈された作品45点のうち11点を展示します …

【プレスリリース】太田市役所農業政策課と共同することで、シカ?イノシシ? アライグマなどの被害低減について研究を進めています

[CATEGORY] プレスリリース [tag]
群馬大学理工学部(群馬県桐生市?太田市)は、「群馬大学と太田市の相互友好協力に関する包括協定書」に基づき、農業政策課有害鳥獣対策係のご協力により、ニホンジカ?ニホンイノシシ?アライグマ?ハクビシンなど野生動物の食性や行動 …

食健康科学教育研究センターが、有限会社浅間高原麦酒と「こんにゃくビール」を共同開発

 このたび、群馬大学食健康科学教育研究センターの粕谷健一センター長と向井克之客員教授は、有限会社浅間高原麦酒(群馬県吾妻郡嬬恋村)と「こんにゃくビール」を共同開発しました。  食健康科学教育研究センターは、食と健康に関わ …

【プレスリリース】待つか?あきらめるか? 未来の報酬を待ち続けるための脳機能を解明

[CATEGORY] プレスリリース, 報道発表, 新着情報 [tag]
 情報学部 地村弘二教授は、慶應義塾大学大学院理工学研究科の新滝玲子大学院生(研究当時)、田中大輝大学院生(研究当時)と共に、大学共同利用機関法人自然科学研究機構生理学研究所の定藤規弘教授(兼任)、吉本隆明大学院生(研究 …

【プレスリリース】解釈可能なパラメーターによる機械学習モデルを作成~高分子材料開発におけるAI適用を促進~

[CATEGORY] プレスリリース, 報道発表 [tag]
群??学?学院理?学府 分?科学部? 覚知亮平准教授と物質??命理?学領域 松原希宝さん(博?後期課程2年)は、福岡?業?学情報?学部?統計数理研究所 ?橋啓准教授ならびに阪南?学総合情報学部 松?健教授、国?研究開発法 …

【プレスリリース】群馬大学理工学部 学部2年生向け授業 「課題発見セミナー」における安全教育の実施について

[CATEGORY] プレスリリース, 報道発表 [tag]
群馬大学理工学部(群馬県桐生市)では、学生の課題発見能力を育成する教育プログラムとして課題解決型学習(PBL=Project/Problem Based Learning)を2022年度から導入し,学部2年生の授業(必修 …
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です